盛岡市

【盛岡】素泊まり、泊まらなくてもたまり場としても利用できる、とととの施設内を詳しく紹介します

こんにちは。こぎ(@cogi_kaicho)です。

先日、Twitterでもお知らせした通り、
盛岡の鉈屋町にある「ととと」にお邪魔しました。

蔵を改装したつくりで、雰囲気がいいです。
早速、とととについて実際に行ったレポしますね。

「ととと」とは?

素泊まりのゲストハウス。
泊まれるけど、たまり場にいる人と交流もできちゃう。

お店の外には「今日のととと」が掲示されています。

道ゆく人が気になっているみたいで、通りがてらに
「ちょっと中見せてくれない?」という方もいるようです。

週に2回のイベントあり

毎週火曜日には「ととと英語部タイム」
18:00〜20:00
※連休中、年末年始、お盆はお休み、スポーツの大きな試合と重なる時もお休み

寒い時期の毎週日曜日「ととと的鍋曜日」が設けられています。
19:00〜22:00
※連休中や年末年始は除く、来春の暖かくなる時まで実施

イベントカレンダーは→こちら

たまり場を利用したいけど、予約できるの?

事前予約が必要なのか、いきなり行っても良いのかわからなかったので
公式HPから問い合わせしてみました。

以下問い合わせ内容です。

<送信内容>

今日、たまり場を利用した思ったのですが、
いきなり行っても良いのでしょうか?

それとも、事前予約してから行くのでしょうか?

<とととからの返信内容>

たまり場利用の連絡ありがとうございます。

お一人でしたら営業日、営業時間でしたら
基本的にはふらりとお立ち寄りいただいても大丈夫ですが、
日によっては予約というわけではありませんが
事前にご連絡いただけるとその日の雰囲気や
状況で受け入れ可能かどうかお伝えできますし、
ボクも心の準備ができるのでありがたいです。

キッチンも使えます。
つまるところ寝る、シャワー以外の機能は泊る方と
同様に使えると思っていただいてかまいません。

シャワーも空いていれば1回200円で利用できます。
それでは、本日お待ちしております。

普段は一人で全ての業務をされているので、問い合わせ欄から連絡するとスムーズです。
問い合わせはこちらからどうぞ

ととと内の様子

私はいつもそうですが、行く時はいつも緊張します。
さて、ドキドキしながら入ってみますかね。

入ってすぐの様子

入り口に入るとすぐに下駄箱があります(写真右側)
靴を脱いで中に入ります。

入ると店主の小野寺さんがお出迎え。パソコンのある場所にいて
ここで受付と料金の支払いをします。

入店して左側が受付、右側がテレビやテーブルのある場所となっています。

入店してすぐ目の前にはカウンターとキッチンがあります。

カウンターの右手には荷物入れがあります。鍵付きなので安心ですね。

画像右手に階段があり、そこから2階の宿泊部屋に通じています。

キッチンカウンターにはコーヒー、お茶、紅茶など置いてあります。

フリーなので、もちろん飲み放題。

キッチンの内観

キッチンスペースが個人的に気になったので、
写真をかなり多めに撮らさせていただきました。

キッチンスペースにはゴミ箱、大きめのシンクがあり
ハンドソープにスポンジ、洗剤、布巾など必要なものは揃っています。

電子レンジ、ボウル、ざる、ケトル(大)、鍋、炊飯ジャーがあります。
お米を持参すればご飯も食べられます。

キッチンはIHでタイマーも通常通り使用できます。
フライパンは30cmくらいのものが2つあります。

オーブントースター、コーヒーメーカー、酢やめんつゆ、ラップなどもありました。

調理するのに必要な砂糖、塩、ごま油、醤油、油、塩こしょう、七味唐辛子
フライ返しにトングお玉や計量スプーンもありましたよ

基本あるものは使用できるようですが、食器類。
皿や器、丼、コップ、キッチンバサミもここに収納されています。

鍋キューブやほんだしもありました。
基本、家にあるようなものは全て揃っているそう。

冷蔵庫も自由に使えます。冷凍庫も使用できるようです。

冷蔵庫はその時である、ないがあるかもしれませんが、
味噌、ケチャップ、ソース、焼肉のたれがありました。
にんにくとしょうがのチューブはプレゼントしていきました。

シャワールーム

シャワールームは1階と2階にあります。

シャンプーやボディーソープ、ドライヤーも揃っています。

人がひとり入る空間でした。

たまり場を利用する人にはあまり縁はないかもしれませんが、
洗濯機や洗面台などもあります。

宿泊の料金とチェックイン・アウト

[チェックイン] 17:00~21:00 ※チェックイン後の門限はありません
[チェックアウト] 10:00まで

↓2019年11月30日まで↓

部屋別 料金
男女別ドミトリー
※中学生以上のみ
3,000円/名(1泊)
※中学生以上のみ
※女性ドミトリーは内から施錠できます
※男女混合ドミトリーはありません
個室
3,500円(1室2名以上の利用)/ 1名当たりの料金
※小学生:1泊1名2,000円 (保護者同伴で個室のみ宿泊可)
5,000円(1室1名での利用)/1名当たりの料金
※小学生:1泊1名2,000円 (保護者同伴で個室のみ宿泊可)

※上記の金額+暖房費:大人300円/名(1泊)、小学生150円/名(1泊)
※全て税込

全館貸切 40,000円

※冷暖房費:3,000円/泊

↓2019年12月1日から変更となります↓

部屋別 料金
男女別ドミトリー
※中学生以上のみ
3,500円/名(1泊)
※中学生以上のみ
※女性ドミトリーは内から施錠できます
※男女混合ドミトリーはありません
個室
4,000円(1室2名以上の利用)/ 1名当たりの料金
※小学生:1泊1名2,250円 (保護者同伴で個室のみ宿泊可)
5,500円(1室1名での利用)/ 1名当たりの料金
※小学生:1泊1名2,250円 (保護者同伴で個室のみ宿泊可)
全館貸切 45,000円

公式の料金情報は→こちら
※全て税、冷暖房費込

宿泊カレンダー

ノーチェックインデーはありますが
前日からの連泊やリピーターさんは宿泊可能です。
カレンダーを確認すると確実です>宿泊カレンダー

たまり場の料金と営業時間・定休日

↓2019年11月30日まで↓

部屋別 料金
基本料金
(2時間まで)
500円/名
※入館時に前払い制
追加料金
1時間追加300円、2時間追加500円
※延長の場合はその都度支払い。もしくは退館時に精算
最大料金1,500円

※+暖房費別:100円/名(1日)

↓2019年12月1日から変更となります↓

部屋別 料金
基本料金
(2時間まで)
600円/名
※入館時に前払い制
追加料金
1時間追加300円、2時間追加600円
※延長の場合はその都度支払い。もしくは退館時に精算
最大料金1,800円

※最終入館:22:30
※中高生:半額
※小学生:無料(保護者同伴のみ入館可)
小学生未満の入場はご遠慮いただきます

営業時間 <たまり場>17:00〜23:30のみ
たまり場の
定休日
たまり場は木曜中心に週2ペースで休みます。
カレンダーを確認すると確実です。>たまり場
その他 ととと内の見学もOK。
事前にメールフォームから問い合わせをしたほうがスムーズです。

※公式HPより引用

こぎが今回利用したたまり場の時間

今回、宿泊者ではなく、たまり場の利用をしました。今回私は2時間の利用としました。

入館時に利用予定時間の利用料金と暖房費を支払います。

※利用予定時間が決まってない方は基本料金500円(2時間分)と暖房費100円、計600円を支払います

延長ももちろん可能です。

支払い方法

今回は現金での支払いでした。
基本料金500円(2時間分)と暖房費100円で600円でした。

住所・連絡先・マップ

住所:〒020-0827 岩手県盛岡市鉈屋町1−2
電話番号:080-4693-1837

駐車場

駐車場は「ととと」に隣接して2~3台分あります
宿泊者は1台1泊600円、
たまり場利用の方は:1回1台300円(宿泊者優先)

宿泊者は駐車スペースが限られていますので先着予約になります。(公式より)

今回私は近くにあるユニバースというスーパーに車を停め、
買い物をしてからそこから徒歩で歩きました。5分ほどで到着します。

ホームページ

https://bokunohosomichi.fun/

おわりに・・・

私、とととに行く前は、

「ここはサッカーやラグビーをハイテンションでみんなでみる場所」
「スポーツバーじゃないの?」というイメージでしたが、

「まったり読書でもして」「ゆっくり語りあいませんか」など
イメージと全然違いました。

店主の小野寺さんもイケイケ(古い?)な人で、
ノマド的な生活?旅する人?ってイメージが
ありましたが、お話しながら、そのイメージは全て覆されました。

今回のたまり場は、平日初めの曜日というのもあり、

お客さんはいませんでしたが、私は料理をして、

小野寺さんと2人でスパゲッティやおしるこをシェアして食べました。
(小野寺さん、お腹壊してなきゃいいな。。。)

知らない人同士でシェア飯とか…なんか、わくわくしませんか?

個人的にはいろんな人と関わるのが苦手なこぎですが、
思った以上にまったり過ごすことができました。

2時間はあっという間でした。
またお邪魔したいと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございました٩( ‘ω’ )و